診療のご案内

内科

消化器内科

胃カメラについて

大腸内視鏡検査について

炎症性腸疾患について

予防接種

健康診断

内視鏡検査・予防接種・健康診断などお気軽にご相談下さい TEL:0465-00-0000

QRコードで簡単アクセス

胃カメラ検査を受けられる方へ

胃カメラ検査は、食道、胃、十二指腸疾患の内視鏡による診断を指し、主に、胃炎や胃潰瘍の診断、胃癌の精密検査や、検診で異常が疑われた方の精査を対象としています。


当院では、咽頭反射を抑えるため、検査前、咽頭にゼリーやスプレーで十分な麻酔を施し、細径の経鼻内視鏡を導入しています。

他院様で受けられた胃カメラ検査により苦手意識をお持ちの方でも、検査時の吐き気や不快感が大幅に軽減されるよう努めておりますので、安心してご相談下さい。

胃カメラで分かる主な病気

咽頭癌、喉頭癌
食道 食道癌、食道静脈瘤、逆流性食道炎
胃癌、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、胃炎、胃潰瘍、ピロリ菌感染症
十二指腸 十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ、乳頭部腫瘍

下記のような症状に心当たりがある方は、ぜひ一度、胃カメラ検査お受け下さい。

  • 喉や胸につかえ感、胸焼け。
  • 黒色の便が出る。
  • 吐き気・胃もたれ、みぞおちの痛み。
  • 体重が減少する。
  • 胃透視(バリウム検査)で異常を指摘された。

定期検診について

「癌があるかないか」は、胃カメラ検査で最も重要な項目といえます。


多くの癌に当てはまることですが、早期発見し適切な治療を行えば、必ずしも怖い病気ではありません。そのためには症状のないうちから定期的に検査する必要があります。症状が出てから検査をして癌が見つかったときには、癌は進行していることも少なくありません。


特に、仕事が忙しく健康管理が後回しになりがちな40~50代以降の方、生活習慣病がある方、飲酒量が多い、喫煙歴がある、ピロリ菌陽性など危険因子がある方は、必ず年1回は胃カメラ検査を受けられることをお勧め致します。